マテリアルとCandee、新会社を設立〜デジタル広告と動画コンテンツ制作の連動性を向上

マテリアルとCandee、新会社を設立〜デジタル広告と動画コンテンツ制作の連動性を向上

記事画像

 マテリアルとCandeeは、PRおよびデジタル広告と動画コンテンツ制作の連動性を高めることを目的に、新会社のダブルアドバンスを設立した。

 マテリアルとCandeeは、6月20日、新会社ダブルアドバンスを設立した。マテリアルはPRを中心にマーケティングコミュニケーションを、Candeeはモバイル動画を軸にメディア事業、広告事業、タレントマネジメント事業をそれぞれ展開している。

 動画制作における費用や種類の多様化をはじめ、テレビCMの補完的役割、ブランディングへの活用などといった様々な理由により、動画広告の市場規模は急激に拡大している。今回の提携により、両社は、PRおよびデジタル広告と動画コンテンツ制作の連動性の向上を実現。デジタルプラットフォームに特化した動画コンテンツの提供が可能になる。

 最初の取り組みとして、Facebook、Twitter、LINEといったSNSにおけるライブ配信を実施。Candeeのソーシャルプラットフォームに適した制作力と、マテリアルのマーケティングコミュニケーションを組み合わせ、マーケティング活動のサポートを強化していく。

関連記事(外部サイト)