日本マクドナルド、「UberEATS」を導入〜デリバリーサービスの拡充へ

日本マクドナルド、「UberEATS」を導入〜デリバリーサービスの拡充へ

記事画像

 日本マクドナルドは、6月29日、東京都内33店舗でUberが提供するフードデリバリーサービス「UberEATS」の導入を開始した。

 日本マクドナルドは、Uberが提供するフードデリバリーサービス「UberEATS(ウーバーイーツ)」を採用し、6月29日より東京都内33店舗で導入を開始した。

 「UberEATS」は、アプリやWebサイトで料理の注文から決済までをワンストップで行えるサービス。アメリカやヨーロッパなど世界の都市で利用されており、日本では2016年9月から提供が始まっている。

 日本マクドナルドは、2010年より宅配サービスをスタートし、現在は大都市圏を中心に約200店舗にまで拡大。都心部でのデリバリー需要が高まる中、同社はさらなる利便性の向上を目的に、今回の導入に至った。同社は、様々な取り組みを通じて、顧客のニーズや時代に合ったサービスの提供を進めていく。

関連記事(外部サイト)