ISID、金融機関向けLINEカスタマーコネクト導入支援サービスを提供開始

ISID、金融機関向けLINEカスタマーコネクト導入支援サービスを提供開始

記事画像

 電通国際情報サービスは、LINEと法人向けカスタマーサポートサービス「LINE カスタマーコネクト」の販売代理店契約を締結し、金融機関のコンタクトセンターを対象に導入支援サービスを開始した。今秋には自社開発のCRMとの連携も予定している。

 電通国際情報サービス(以下、ISID)は、LINEと法人向けカスタマーサポートサービス「LINE カスタマーコネクト」の販売代理店契約を締結し、金融機関のコンタクトセンターを対象に導入支援サービスを開始した。

 「LINE カスタマーコネクト」は、コンタクトセンターがLINEを介してAIや有人によるチャット対応や音声通話対応などをシームレスに行い、状況やニーズに応じた適切なカスタマーコミュニケーションを実現するサービス。

 さらに今秋、ISIDは「LINE カスタマーコネクト」を自社開発の「BANK・R コンタクトセンター」に連携させ、マルチチャネルの応対履歴を一元管理する機能を実装予定だ。「BANK・R コンタクトセンター」は、ISIDが提供する、金融業界を対象としたマルチチャネル対応型統合CRMシステム。

 両者の連携によって、LINEでのチャットログは「LINE カスタマーコネクト」から自動連携され、オペレーターが手動で入力する応対情報と合わせて「BANK・R コンタクトセンター」の同一画面上で確認できるようになる。オペレーターは応対中のユーザーの最新情報を即時に照会することができるため、顧客満足度の高い応対を行うことが可能となる。

関連記事(外部サイト)