電通デジタル、PARTYの中村洋基氏が顧問に就任 デジタル広告のソリューション開発を加速

電通デジタル、PARTYの中村洋基氏が顧問に就任 デジタル広告のソリューション開発を加速

記事画像

 電通デジタルの新任顧問に、PARTYのクリエイティブディレクター兼ファウンダーの中村洋基氏が就任した。電通デジタルは同氏を顧問に迎えることで、デジタル広告における新たなソリューションの開発やクリエーティブ力の向上を推進する狙いだ。

 電通デジタルは、PARTYのクリエイティブディレクター兼ファウンダーの中村洋基氏を、2017年7月より新任顧問として迎えた。

 電通デジタルは2017年4月、データおよびAIとクリエイティビティの融合を目指す「アドバンスト・クリエーティブ・センター」を発足。さらにはデジタル広告・動画サービスやUX改善に専門性を持つパートナー企業と協業するなど体制を構築し、デジタル広告における新たなソリューションの開発やクリエイティブ力の向上を推進してきた。今回の中村氏の顧問就任は、その一環となっている。

 デジタルクリエイティブ領域での実績があり、マーケティングやプラットフォーム開発にも知見が高い同氏を顧問として迎えることで、電通デジタルは今後、デジタル広告をはじめとした様々な領域でのソリューション開発を加速していく狙いだ。

関連記事(外部サイト)