アイリッジ、企業内で使える電子通貨「オフィスコイン」の提供開始

アイリッジ、企業内で使える電子通貨「オフィスコイン」の提供開始

記事画像

 アイリッジは、一般事業会社やオフィス関連事業者、食品飲料関連事業者向けに社内などで使える電子通貨「オフィスコイン」の提供を開始した。

 アイリッジは、スマートフォンアプリを活用した電子地域通貨のプラットフォーム「MoneyEasy(マネーイージー)」の開発技術を活用し、社内などで使える電子通貨「オフィスコイン」の提供を開始した。

 同通貨はスマートフォンアプリ上で利用できる電子通貨で、会社やビル、コミュニティなど、特定の単位で利用することができる。域内での資金還流はもちろんのこと、コミュニケーションの活性化や社員のモチベーション喚起、福利厚生としての活用などが可能となる。

 通貨の利用場所は、社員食堂や弁当販売、置き菓子の支払いなど、さまざまなシーンで用いることができ、オフィスでの決済をキャッシュレスに実現する。

 チャージや残高確認はアプリ上で行えるほか、社内システムやグループウェアと連携すれば、社員一人ひとりのステータスに応じた、より効果的な施策に活用できるほか、給与の一部をコインで支払いとする運用も可能となっている。

関連記事(外部サイト)