フリークアウト、ベトナム、マレーシア、フィリピンに子会社設立 東南アジア5ヵ国でネイティブ広告も展開

フリークアウト、ベトナム、マレーシア、フィリピンに子会社設立 東南アジア5ヵ国でネイティブ広告も展開

記事画像

 フリークアウトグループは、東南アジアの新拠点として、ベトナム、マレーシア、フィリピンに現地法人を設立。また、東南アジア主要5カ国でプレミアムネイティブ広告プラットフォームの展開も開始する。

 フリークアウトグループは、シンガポール、タイ、インドネシアに続く東南アジアの新拠点として、ベトナム、マレーシア、フィリピンに現地法人を設立した。

 各国のプレミアムメディアと提携し、ネイティブ広告プラットフォームを東南アジア全域で提供する。具体的には、Tencentが運営するタイのポータルサイト「Sanook」やインドネシアの全国紙「Kompas」のオンライン版「Kompas.com」をはじめ東南アジア主要5カ国のプレミアムメディアのニュースフィード上に、ユーザー体験を阻害しない見栄えの良いフォーマットで広告配信を行う。

関連記事(外部サイト)