東急エージェンシー、O2O×ジオターゲティング広告の連携を強化した新サービスをリリース

東急エージェンシー、O2O×ジオターゲティング広告の連携を強化した新サービスをリリース

記事画像

 東急エージェンシーは、顧客行動解析型O2Oソリューション「Activation Manager GEO」を開発。これにより、商業施設から一定圏内にいる人へ向けて、自社アプリのダウンロードを促すターゲティング広告の配信などが可能になる。

 東急エージェンシーは、ジオターゲティング広告と連携した顧客行動解析型O2Oソリューション「Activation Manager GEO」を開発し、提供を開始した。

 ジオターゲティング広告とは、スマートフォン利用者の位置情報を蓄積し、配信業者を通じて、期間内に特定のエリアにいたユーザーに対して配信できるもの。今回開発したサービスでは、商業施設向けアプリや統合型商業施設運営システム「TACSIS」、ビッグデータ分析ツール「Target Finder」、ビーコン端末を組み合わせた顧客行動解析型O2Oソリューション「Activation Manager」にジオターゲティング広告の連携機能を強化している。

 ユーザーは、同サービスを活用することで、商業施設から一定圏内にいる人へ向けて、自社アプリのダウンロードを促すターゲティング広告の配信が可能に。これにより、来館効果測定と館内行動解析が実施できる。また、スマートフォンを日常的に利用する商圏内の新規顧客の獲得にもつながる。

関連記事(外部サイト)