「Logicadダイナミッククリエイティブ」と「MakeShop」が連携 集客効果の向上狙う

 ソネット・メディア・ネットワークスの「Logicadダイナミッククリエイティブ」とGMOメイクショップのネットショップ構築サービス「MakeShop」が連携を開始する。GMOメイクショップが8月9日よりサービスの申し込み受付を順次開始する予定だ。

 ソネット・メディア・ネットワークスは、同社の「Logicadダイナミッククリエイティブ」とGMOメイクショップが運営する「MakeShop」と連携した集客支援サービスを、8月23日より開始する。

 「MakeShop」は、国内2万2,000店舗以上の導入実績を持つネットショップ構築サービス。集客や売り上げの向上を支援するサービスが備わっていることが特徴で、なかでも、集客支援を目的としたクリック課金型広告「アイポクリック」は、ショップへの再訪を促すリターゲティング広告を配信することができる。

 一方、「Logicadダイナミッククリエイティブ」は、DSP「Logicad」が有する約3億UB(ユニークブラウザ)のデータを瞬時に高速解析する技術と、自社開発した独自の人工知能「VALIS-Engine」の活用によりクリエイティブがパーソナライズに最適化された広告配信を実現する。

 今回の連携により「MakeShop」を利用するショップ運営者は、「アイポクリック」を通じて、ソネット・メディア・ネットワークスの技術力をベースとしたダイナミッククリエイティブによる広告配信が可能となり、集客の相乗効果が見込まれる。

関連記事(外部サイト)