アライドアーキテクツの「Letro」、インスタ「Shop Now」と連携 UGC活用の広告で共感狙う

アライドアーキテクツの「Letro」、インスタ「Shop Now」と連携 UGC活用の広告で共感狙う

記事画像

 アライドアーキテクツは6月21日、自社が展開するUGCマーケティング支援サービス「Letro(レトロ)」において、Instagramのショッピング機能「Shop Now」と連携したパッケージサービスを開始した。

 「Letro」は、Instagram上にユーザーが投稿した写真や動画を収集し、投稿者の許諾を得た上でSNS広告やECサイト、ブランドサイトなどのクリエイティブとして活用できるプラットフォーム。独自の人工知能で解析を行い、高いプロモーション効果が見込める画像を予測する。2017年11月、InstagramおよびFacebookの公式マーケティングパートナーに認定された。

 Instagramのショッピング機能「Shop Now」は、投稿写真に商品名や価格が記載された商品タグを付与することで、ユーザーを外部ECサイトの購入ページなどに誘客できる機能。InstagramからECサイトへのシームレスな画面遷移を実現する。

 今回開始したパッケージサービスでは、生活者視点の商品写真をInstagram上で収集し、投稿者の許諾のもとにInstagramのタイムラインとECサイトで横断的に投稿・掲載することができる。また、「Shop Now」の利用に必要となる各種設定やアカウントの申請をアライドアーキテクツが一括で請け負うため、同機能のスムーズな導入が可能となった。

 その他にも、Instagramのタイムラインに馴染みやすいユーザーの投稿画像に商品タグを付与することで、より自然な形でECサイトへの遷移を促すことができるようになった。ECサイトにも同じユーザーの投稿画像を商品写真として掲載することで、連続的かつ無意識的にユーザーの共感を呼び起こし、購入意欲を後押しする。

 「Letro」は、オプションとしてInstagramへの投稿代行や画像編集、効果測定なども提供し、「Shop Now」の成果向上を一気通貫で支援する。

関連記事(外部サイト)