エイベックス・マネジメントとCool Japan TV、インフルエンサー育成に特化した合弁会社を設立

 エイベックス・マネジメントは、Cool Japan TVと、インフルエンサーの育成とインフルエンサーエージェンシーに特化した合弁会社「エイベックス&CJTV Influencer」を設立した。

 Cool Japan TVは、約53ヵ国でYouTuber Academyコースを開講し、自社で育成したインフルエンサーのネットワークを活用しながら、海外プロモーション事業を展開している。

 近年、個人クリエイターのコンテンツが影響力を持ち、マスメディアを介さずにファンを獲得する「個人のメディア化」の動きが広がっている。今後もネットにおける動画コンテンツの流通は拡大を続け、多数の人気クリエイターが生まれると予測される。

 また、YouTuberなどネットで人気を集める個人クリエイターと、主にマスメディアを中心に出演していたタレントとの垣根がなくなり、消費者も、タレントと「個人クリエイター」を区別することなく楽しむようになっている。

 こうした背景から、今回、両社は合弁会社を設立。「avex&CJTV Influencer Academy」を開講し、インフルエンサーや動画クリエイターをはじめとしたIPクリエイターを目指すための学びの場を提供していく。

 同講座では、ビデオカメラ撮影や動画編集、ストーリーテリング、コピーライティング、SEO対策、SNS活用など、YouTuberやインフルエンサーになるためのカリキュラムが学べる。また、希望者は、エイベックス・アーティストアカデミーとの連携により、ダンスやヴォーカルレッスン、モデルウォーキングのレッスンといった、アーティストやタレント、モデルになるためのカリキュラムを複合的に受講することも可能だ。

関連記事(外部サイト)