CyberZ、eスポーツに特化した広告マーケティング事業会社「CyberE」を設立

CyberZ、eスポーツに特化した広告マーケティング事業会社「CyberE」を設立

記事画像

 CyberZは、eスポーツに特化した広告マーケティング事業会社、CyberE(サイバーイー)を設立した。

 eスポーツとは、エレクトリック・スポーツの略語で、ゲームを競技として捉え従来のスポーツのようにプレイおよび観戦をする際の名称。現在、世界各国でeスポーツの大会が開催され、その市場規模は2018年に前年比138%成長の約970億円、2021年には約1,700億円、参加人口については5.8億人を突破する市場に成長すると予測されている(2018年2月Newzoo社調べ)。

 CyberEは、eスポーツを活用したブランディング施策・販売促進策の提案や、イベント企画・運営、プロゲーマーを活用したタイアップ企画の実施など、eスポーツを活用したマーケティングソリューションを提供する。

【新会社概要】
社名:株式会社CyberE
本社:東京都渋谷区道玄坂1-12-1渋谷マークシティウエスト17階
代表者:代表取締役社長 文 晟新
事業内容:eスポーツ広告マーケティング事業

関連記事(外部サイト)