アリババ、NBAとのパートナーシップを拡大 試合ハイライトなどを同社傘下のプラットフォーム上で配信へ

 NBA Chinaとアリババグループは、両社のパートナーシップを拡大し、NBAの製品や大会動画、試合ハイライトなどのコンテンツをアリババのプラットフォーム上で配信することを発表した。

 今回のパートナーシップ拡大は、企業のデジタル変革加速を目的とした総合的なソリューションを提供するアリババの戦略的パートナーシッププログラム「A100」の一環として実施される。これによって、中国の約7億人が利用するアリババ傘下のプラットフォーム「天猫」「タオバオ」「Youku」「UC」などでは、新たに「NBAセクション」が開設される見込みだ。

 同セクションでは、NBA関連の製品が購入できるほか、試合ハイライトやクラシックゲーム、オリジナル番組などのビデオコンテンツが視聴可能。加えて、NBAの最新トレンドやニュースを、ショートビデオやインフルエンサーによるライブストリーミングなど様々な手段を用いることにより、インタラクティブ形式で提供する。

 NBAとアリババは今後、製品やブランドの宣伝を目的としたマーケティングソリューションをビジネスパートナーに向けて提供していく。

関連記事(外部サイト)