ネイティブフォーマットの広告枠が利用可能に!AJA、同社SSP内のヘッダービディング式広告配信を強化

 サイバーエージェントの連結子会社であるAJAは、メディア向けに提供する「AJA SSP」のヘッダービディングを用いた広告配信において対応する広告フォーマットを拡充した。

 今回の広告フォーマット拡充を通じて、ヘッダービディングラッパー(※)「Prebid.js」を導入するメディアは、これまでのディスプレイ広告に加えて新たにインフィード広告をはじめとするネイティブフォーマットの広告枠を利用することが可能になった。これによって、取引機会の拡大による収益の向上が期待できる。

※ヘッダービディングにおいて、複数の配信事業者のコードを一つのタグで実装・管理できる仕組みのこと

関連記事(外部サイト)