fluct、ポーランド発のDSP「RTB House」と接続開始 ディスプレイ・ネイティブ広告を強化

 広告配信プラットフォーム事業を行うfluct(フラクト)は、SSP「fluct」において、ディスプレイ・ネイティブ広告のRTB取引を強化するため、ポーランドのRTB Houseが提供するDSPとのRTB接続を開始した。

 RTB Houseは、ディープラーニングにもとづいたリターゲティングサービスをグローバルで展開する企業。同社のサービスは現在、アディダス、ホテルズドットコム、ニューバランス、トリバゴなど約70ヶ国、1,500以上の企業に利用されており、ファッションや人材、旅行、不動産領域に強みを持つ。

 今回、RTB Houseが提供するDSP「RTB House」との接続によって「fluct」では、ディスプレイ・ネイティブ広告における配信量の拡充が実現。これによって同SSPと提携するパブリッシャーは、さらなる収益の拡大を図ることができる。

関連記事(外部サイト)