会話広告「fanp」、LINEトーク上でのクレカ決済/後払い決済への対応を開始

会話広告「fanp」、LINEトーク上でのクレカ決済/後払い決済への対応を開始

記事画像

 LINEおよびMessengerを活用した“会話広告”パッケージ「fanp(ファンプ)」を展開するZEALS(ジールス)は、「チャット画面上で決済まで完結する」という決済処理方法に関する特許を持つGMOイプシロンとパートナー契約を結び、LINEトーク上でのクレカ決済と後払い決済への対応を開始した。

 スマホ時代のネット通販において、チャット完結の決済手段は注目されている。SNS広告の閲覧者を、LINEまたはMessengerのチャットボット上に誘導し、対話形式で商品を販売する「fanp」でも、通販事業者の活用事例が急増しており、チャット内で決済が完結するチャットコマースに対する需要が高まっていた。

 ZEALSはこうした要望に応えるため、GMOイプシロンとパートナー契約を結び、トーク上でクレジットカード決済や後払い決済への対応を開始した。

関連記事(外部サイト)