360度画像を活用したプレスリリース配信が可能に!PR TIMESとリコーが業務提携を開始

360度画像を活用したプレスリリース配信が可能に!PR TIMESとリコーが業務提携を開始

記事画像

 PR TIMESとリコーは業務提携を行い、360度のイメージを活用したプレスリリースが配信できる新機能の提供および両社の営業・マーケティングに関する協力を開始した。
(写真左)PR TIMESで360度のイメージを活用した例
(写真右)操作画面イメージ

 リコーは現在、360度の全方位を一度に撮影できる360度カメラ「RICOH THETA(リコーシータ)」シリーズを展開している。同社はまた、企業が自社のWebサイトなどで簡単に360度のイメージを用いたコンテンツが作成・活用できるクラウドサービス「THETA 360.biz」の提供も行っている。同サービスはこれまで、不動産や観光業界を中心とした5,000社以上の企業が導入している。

 今回PR TIMESとリコーの両社は、「RICOH THETA」で撮影した360度の画像をクラウドサービス「THETA 360.biz」で保存し、ワンアクションで「PR TIMES」のプレスリリース投稿画面に挿入できる新機能を共同で開発した。

 これによって企業は、簡単に360度の画像を撮影してプレスリリースに表示し、店舗や住宅・オフィス・工場・学校などの施設および各種イベントなどの情報発信に活用することが可能になった。

 さらに、プレスリリースを受け取るメディアは360度の全方位が確認できるため、通常の静止画に比べてより多くの情報を得ることができる。その他、360度のコンテンツ画像はメディア向けダウンロード素材の中に埋め込みタグとして提供することもできるため、掲載素材としてメディア側での活用も見込める。

関連記事(外部サイト)