米Drawbridge、「Ameba」にデバイス横断型のユーザー推定ツールを提供 広告配信の効率化へ

米Drawbridge、「Ameba」にデバイス横断型のユーザー推定ツールを提供 広告配信の効率化へ

「Connected Consumer Graph」イメージ

 クロスデバイスマッチング技術を活用したソリューションを提供する米Drawbridgeは、提携パートナーの三井物産を通じて、サイバーエージェントが運営する「Ameba」へ、複数のデバイスを横断して同一ユーザーを推定できるツール「Connected Consumer Graph」の提供を開始した。
「Connected Consumer Graph」イメージ

 今回のツール提供にともない「Ameba」では、デバイスやアプリ、ブラウザ間を横断した同一ユーザーの推定にもとづく広告配信サービスが開始された。同サービスでは、ユーザー単位での広告表示回数の制御やリターゲティング広告の対象ユーザーの拡張、また既に購入したユーザーへの広告配信除外など効率的な広告配信が可能だ。

 加えて、Drawbridgeを利用する企業間においては、同社が提供するユーザー単位のID「Drawbridge Consumer ID」を活用したシームレスなデータ連携・分析も行えるようになった。

関連記事(外部サイト)