サイカとSpark Neuro Japanが業務提携 統計解析と生体信号解析で動画広告の最適化を支援

サイカとSpark Neuro Japanが業務提携 統計解析と生体信号解析で動画広告の最適化を支援

「Neuro Journey」の利用例

 サイカとSpark Neuro Japan(以下、SNJ)は業務提携を締結した。

 SNJは、脳科学テクノロジーを有するマーケティング企業。視聴者の注目度と感情の動きを脳波の計測によってデータ化し、動画クリエイティブの最適化を支援するサービスを提供している。
「Neuro Journey」の利用例

 今回の提携にともない、両社は、動画広告の最適化を支援するサービスパッケージ「Neuro Journey」をリリース。統計解析による「広告の費用対効果の評価」と、脳波などの生体信号の解析を活かした「広告映像の調査および改善点の特定」を通じて、オンライン・オフラインを横断した広告効果の評価から、クリエイティブの改善までを、定量的な分析・調査に基づいて一気通貫で支援する。

 具体的には、まず、サイカの広告効果分析ツール「マゼラン」によって、テレビCMや動画広告といった施策の効果を可視化。特定の広告施策の効果が下がった要因が、広告訴求内容にあると推測された場合、SNJのサービスによって、広告接触者の属性とクリエイティブがマッチしているかなどを調査し、改善を支援していく。

 さらに、クリエイティブ改善後に広告効果測定を行い、最適化の効果を検証することも可能だ。

関連記事(外部サイト)