会話広告「fanp」を提供するジールス、藤田ファンドらから3.5億円の資金調達 グローバル展開を推進

会話広告「fanp」を提供するジールス、藤田ファンドらから3.5億円の資金調達 グローバル展開を推進

記事画像

 LINEおよびFacebook Messengerを活用した“会話広告”パッケージ「fanp(ファンプ)」を展開するZEALS(ジールス)は、サイバーエージェントおよび既存投資家を引受元とする3.5億円の第三者割当増資を実施した。今回の増資による累計調達額は、約8.5億円となる。

 ZEALSは、チャット上でユーザーに商品やサービスを“会話”を通じて紹介し、商品購入や会員登録が完結できる「会話広告」という新しい広告手法を提供している。会話広告「fanp」のCVRは、ランディングページのCVRに比べて5倍超となっており、人材業種ではパソナ、アトラエ、ビズリーチ、通販業種ではロート製薬、オイシックス・ラ・大地、バルクオムなどが利用している。

 これまでに解析してきた会話データは1億3000万を超え、直近半年の売上成長率は月次平均127%、単月売上は前回調達時から3.5倍、チャットボットの利用ユーザーも40万人を突破。ZEALSは今回の調達資金を活用して、チャットコマースの拡大や、代理店との提携、グローバル展開を推進していく。

関連記事(外部サイト)