越境EC支援のジグザグ、KOLマーケティング事業開始  日本人KOLの秋山燿平氏をアドバイザーに

越境EC支援のジグザグ、KOLマーケティング事業開始  日本人KOLの秋山燿平氏をアドバイザーに

左から、ジグザグ代表取締役仲里一義氏、秋山燿平氏

 ジグザグは、KOLマーケティングの事業を新たに開始し、KOL特別アンバサダー兼アドバイザーに、中国最大のソーシャルメディアWeibo(以下、微博)などで活躍する秋山燿平氏が就任したことを明らかにした。

左から、ジグザグ代表取締役の仲里一義氏、秋山燿平氏

 KOLとはキーオピニオンリーダー(Key Opinion Leader)の略で、明確な専門性を有し様々な媒体で特定の集団に対して強い影響力を発揮する人物を意味する。中華圏のマーケティングにおいて強い影響力を持っている。

 ジグザグは買い手である海外在住者と、売り手である日本のECサイトの橋渡しをする越境EC支援サービス「WorldShopping BIZ」を展開し、世界各国のユーザーの購入リクエストデータならびに、日本のEC事業者の商品情報を保有している。今回のKOLマーケティング事業は、KOLによる訴求によって海外在住者からの日本の有益な商品・サービス情報を知りたいというニーズと、日本のECサイトのもっと商品認知・海外からの集客を強化したいというニーズに応えるもの。

 具体的には、海外ソーシャルメディア等で活躍する人物を「ジグザグKOLアンバサダー」に任命し、ジグザグの越境EC支援サービスを活用する企業の商品情報等の発信を行ってもらう。

 KOLマーケティング事業を始めるにあたり、同社はKOLアンバサダーとして微博等で活躍する秋山燿平氏を迎え、事業アドバイザーとしても協力を仰ぐ。秋山燿平氏は海外在住経験・留学経験なしで、独学で複数言語を習得したマルチリンガルとして知られ、2017年10月に微博を正式に運用開始し、約1年間でフォロワーが約30万人増加。1投稿の閲覧数が1.6億回を超えるなど大きな話題を呼び、2018年の「微博日本日中友好教育賞」を受賞している。

関連記事(外部サイト)