CCI、若年層向けコンテンツ企画・開発の「ハタアゲ」設立 インフルエンサープロダクション5社が参画

CCI、若年層向けコンテンツ企画・開発の「ハタアゲ」設立 インフルエンサープロダクション5社が参画

記事画像

 サイバー・コミュニケーションズ(以下、CCI)は、インフルエンサープロダクション5社と、若年層向けコンテンツ企画・開発コンソーシアム「ハタアゲ」を設立した。

 近年、UGCやライブ配信などを活用した若年層向けメディアが台頭する中、そうしたメディアで活動するインフルエンサーが同世代に与える影響が大きくなっている。これにともない、企業のプロモーション企画やメディアコンテンツの開発においても、インフルエンサーならではのアイデアや企画に対するニーズが高まっている。

 「ハタアゲ」は、CCIの有するメディア知見やプランニング力とインフルエンサーの感性・アイデア・企画力を組み合わせ、効果的な若年層向けコンテンツの企画・開発を支援する。

 具体的には、案件ごとに各プロダクションから最適なインフルエンサーを選出し、インフルエンサーの視点を盛り込みながら企画から制作までを実施することで、若年層に響くコンテンツを創出していく。

 なお、「ハタアゲ」に参画したインフルエンサープロダクションは、GROVE、VAZ、OTOZURE、N.D.Promotion、ライバーライツの5社。

関連記事(外部サイト)