グリー子会社がフリークアウトと協業/オーディエンスデータを活用したターゲティング広告を提供開始

 グリーの子会社であるGlossom(グロッサム)は、フリークアウトとの協業により、Glossomが提供するDMP「QUANT」と、フリークアウトが提供する広告配信プラットフォーム「Red for Publishers」を活用し、グリーグループが展開するメディア群へのオーディエンスターゲティング広告配信を可能とするサービス「AdCorsa Native Ads(アドコルサ ネイティブ アズ)」の提供を開始した。

 「QUANT」は、メディア記事の読了率をもとに、記事内容に関する興味関心度合いを解析。また外部DMPと連携することで、読者の属性データを掛け合わせ、オーディエンスデータを生成する。これにより、読者クラスター単位にセグメントしたコミュニケーションやその態度変容を計測することができる。

 一方「Red for Publishers」は、メディア独自のプレミアム広告商品の開発、および広告事業に必要な販売から運用まで、メディアの広告プラットフォーム構築を一気通貫で支援するサービスだ。

 「AdCorsa Native Ads」は、グリーグループが展開する様々なジャンルに特化したバーティカルメディアへ最適なリーチを提供する新しい広告メニューとなる。グリーグループのメディアは、「QUANT」によって読者の記事内容に関する興味関心を解析しており、このオーディエンスデータをもとに広告をターゲティング配信することができる。

 Glossomは、今後もデジタルマーケティングデータの活用技術の開発と、支援事業の強化を通して、クライアント事業のデジタルシフトをサポートしていく。

関連記事(外部サイト)