カメラ越しの表情を機械学習で解析、笑うと「自分の花」が満開 ユニリーバが最新技術用いた診断サイト公開

カメラ越しの表情を機械学習で解析、笑うと「自分の花」が満開 ユニリーバが最新技術用いた診断サイト公開

記事画像

 ユニリーバ・ジャパン・カスタマーマーケティングは、トータルビューティーケアブランド「LUX(ラックス)」のボタニカルヘアケアシリーズ「Botanifique By LUX Premium(ラックス プレミアム ボタニフィーク)」(以下、ボタニフィーク)から機械学習を活用して人の笑顔を診断する「ラックス プレミアム ボタニフィーク フラワースマイル診断」をLUX公式ウェブサイト内特設ページにて公開した。

 花のボタニカル成分を配合し、機能性と使い心地を追求したボタニカル・サイエンス処方のボタニフィークは「自然と科学の融合で高い機能性と心地よい使用感をかなえるプレミアムボタニカルシャンプー」と位置づけられている。

 今回の「フラワースマイル診断」は、“花のボタニカル”と科学とが融合したボタニフィークの世界観を、消費者に製品とは異なる形で体験させるため、ヤフーと共同で開発した、ウェブページ上で動作するサービス。

 機械学習、ARが使われており、カメラを人の顔に向けると人工知能が表情を解析。その人が笑顔になると撮影画面内の花が開花するようになっている。さらに、36種類もの笑顔属性の中から、その人の笑顔にあった属性を診断する。診断結果は笑顔属性を表すキーワードの他、「キュート/クール」、「ワイルド/清楚」、「ナチュラル/スタイリッシュ」のバロメーターを表示するしかけだ。

 5月6日までの期間限定でInstagram、Twitterでのプレゼントキャンペーンも実施し、診断結果のシェアを促す。

関連記事(外部サイト)