スターバックス、LINE上で発行可能なスタバカードを提供 「LINE Pay」全店舗への導入も発表

スターバックス、LINE上で発行可能なスタバカードを提供 「LINE Pay」全店舗への導入も発表

「LINE Pay」を活用した「LINE スターバックス カード」のチャージ手順

 スターバックス コーヒー ジャパン(以下、スターバックス)とLINEは、2018年12月に締結した業務提携に関して、3つの具体的な取り組みを発表した。

 1つ目は、LINE上で発行・利用できる「LINE スターバックス カード」の提供。通常のプリペイドカード「スターバックス カード」と同様に、店頭でのキャッシュレス決済に利用できることに加え、スターバックスが提供するロイヤルプログラム「STARBUCKS REWARDS」にも参加可能だ。
「LINE Pay」を活用した「LINE スターバックス カード」のチャージ手順

 残高のチャージは「LINE Pay」から行えるほか、店頭において現金もしくはクレジットカードで入金できる。

 これにより、両社はシームレスなデジタル体験の実現を目指す。また、既存のアプリや「スターバックス カード」を利用する機会がなかった顧客に対し、LINE上で新しい接点を提供していく。
スターバックス「LINE公式アカウント」のイメージ

 2つ目の発表は、スターバックスの「LINE公式アカウント」の開設。スターバックスは、新商品や季節のおすすめ情報などの配信に加え、顧客に合わせたメニューの提案や限定商品の告知、限定イベントへの招待など、1to1のコミュニケーションをLINE上で展開していく。

 また今後は、顧客がお気に入りの一杯を探すのを助ける「カスタマイズ」機能や、フードメニューに迷った顧客におすすめの商品を紹介する「フードペアリング」機能も追加する予定だ。

 3つ目は、スターバックス全店舗への「LINE Pay」導入。2018年末から一部店舗に導入しテスト的に運用してきたが、今後は全店への導入を目指し、取り組みを拡大していく。

関連記事(外部サイト)