アドウェイズ、電子コミックサービス運営企業向けに動画広告制作&分析のソリューションを提供

アドウェイズ、電子コミックサービス運営企業向けに動画広告制作&分析のソリューションを提供

「STROBELIGHTS VIDEO ANALYZER」の利用イメージ

 アドウェイズは、マンガアプリや電子コミックサービスの運営企業に向けて、同社の動画制作手法と動画広告分析システムを組み合わせた「電子コミック広告ソリューション」の提供を開始した。

 電子コミックの広告には、過激な表現や非道徳的な表現を用いるなど、ファーストインプレッションのインパクトのみを重視したクリエイティブが存在する。しかし、このような手法で誘導すると、ユーザーのサービス利用率が低くなる傾向がある。

 また、動画広告はコンテンツの魅力をストーリーで伝えることが可能なため、電子コミックサービスとの相性が良い反面、構成要素が多く、広告媒体ごとの配信ロジックに最適化させるのが難しい。

 そこで同社では、電子コミック広告のクリエイティブ専門チームが分析・検証を行い、広告媒体ごとの配信ロジックを反映した動画制作手法「電子コミックロジック動画」を確立。スポーツやバトル、ファンタジーといったジャンルの広告クリエイティブにも対応できるようになった。
「STROBELIGHTS VIDEO ANALYZER」の利用イメージ

 また、その手法で制作したクリエイティブを、同社の動画広告分析システム「STROBELIGHTS VIDEO ANALYZER」を用いて分析。秒単位視聴率を確認し、影響を及ぼしたシーンを改善することで、「電子コミックロジック動画」の効果を高めていく。

関連記事(外部サイト)