ソニー合弁の「みんなのタクシー」、都内でタクシー配車アプリ開始 目的地登録でドライバーとの会話不要に

ソニー合弁の「みんなのタクシー」、都内でタクシー配車アプリ開始 目的地登録でドライバーとの会話不要に

記事画像

 みんなのタクシーは、後部座席広告サービスに続き、配車サービス・決済代行サービスを東京23区・武蔵野市・三鷹市で開始した。

 みんなのタクシーは、都内タクシー会社5社(グリーンキャブ・国際自動車・寿交通・大和自動車交通・チェッカーキャブ)と、ソニーおよびソニーペイメントサービスの合弁企業。タクシー会社5社が保有するタクシー車両は現在1万台を超えている。

 タクシー配車アプリの名称「S.RIDE」は、Simple、Smart、Speedyな乗車体験を提供する新たなタクシー利用体験を表している。

 ワンスライドすることで、一番近いタクシーを呼び出すことができ、乗車前や車内でのネット決済、QRコード決済により、すぐに降車ができるタクシー配車サービスとなっている。

 タクシーを待つ間に目的地を設定すれば、自動的にタクシー設置のタブレットに設定されるため、口頭で目的地をタクシーのドライバーに伝える必要がない。迎車車両確定後は、ドライバーと簡単なメッセージのやり取りができるので、急なトラブルにも対応できる。

 「S.RIDE」アプリで事前にクレジットカードを登録すれば、ネット決済が可能。また、後部座席タブレットに表示されるQRコードを「S.RIDE」アプリで読み込む独自のQRコード決済「S.RIDE Wallet」にも対応し、目的地に到着後、キャッシュレスで速やかな降車が可能。なお、配車後の目的地入力機能、メッセージ機能、ネット決済機能は一部車両によっては非対応となっている。

 みんなのタクシーは、今年度内にAI技術を用いた需給予測サービス等のサービス拡充を予定している。

関連記事(外部サイト)