楽天、KDDIとの「協争」強化 「Wowma!」出店店舗に「楽天スーパーロジスティクス」を提供

楽天、KDDIとの「協争」強化 「Wowma!」出店店舗に「楽天スーパーロジスティクス」を提供

記事画像

 楽天は、KDDIおよびauコマース&ライフが運営する総合ショッピングモール「Wowma!(ワウマ)」の出店店舗を対象に、総合物流サービス「楽天スーパーロジスティクス for Wowma!」を提供開始する。

 KDDIと楽天は、2018年11月より両社の保有する様々なアセットを相互利用し、それぞれの事業領域におけるサービス競争力を一層強化するサービス協争を促進しており、このたびの物流分野における取り組みもその一環となる。 

 楽天は、EC物流の健全化を目的に「楽天市場」における包括的な物流・配送サービスを構築する「ワンデリバリー」構想を掲げており、EC店舗向け総合物流サービス「楽天スーパーロジスティクス」や配送サービス「Rakuten EXPRESS」などの自社物流機能の強化に取り組んでいる。

 「楽天スーパーロジスティクス」は、EC店舗の商品の保管から出荷までを楽天が一括で担う総合物流サービスで、これまでは「楽天市場」の出店店舗を対象に提供されてきた。このたび、両社の提携により、「楽天スーパーロジスティクス」の提供範囲を「Wowma!」の出店店舗に拡大する。対象商品の梱包箱には、「Wowma!」ロゴシールを貼り付けて出荷するという。

 なお、2019年4月時点においては、「Wowma!」の出店店舗のうち、「楽天市場」にも出店する店舗のみが本施策の対象となるが、今後対象店舗を拡大する計画だ。

関連記事(外部サイト)