「AbemaTV」が全世界からの視聴に対応 プロ麻雀リーグ「Mリーグ」の中継など放送予定

記事まとめ

  • AbemaTVが運営するインターネットテレビ局「AbemaTV」が全世界からの視聴に対応した
  • 2月よりアメリカ、オーストラリア、タイ、カナダなど6ヵ国にて試験的に視聴対応を開始
  • 今回、対象国を全世界へと拡大、プロ麻雀リーグ「Mリーグ」の試合中継などを放送予定

「AbemaTV」が全世界からの視聴に対応 海外在住・旅行中の日本人による視聴を想定

 AbemaTVが運営するインターネットテレビ局「AbemaTV(アベマティーヴィー)」が全世界からの視聴に対応した。

 「AbemaTV」では、海外で暮らす日本人や旅行中の方に「AbemaTV」の番組を届けることを目的に、2019年2月25日より在留邦人数が多いアメリカ、オーストラリア、タイ、カナダ、イギリス、ブラジルの6ヵ国にて試験的に視聴対応を開始。今回、対象国を全世界へと拡大するとともに、Webブラウザからの視聴にも対応し、全世界で日本国内と同様に、無料で「AbemaTV」の一部のチャンネルやコンテンツを、インターフェイスや機能はそのままで見ることができるようになった。

 2月から放送を開始していた「海外版AbemaNewsチャンネル」では、『AbemaMorning』『けやきヒルズ』などのオリジナルニュース番組に加え、平日夜の看板番組『AbemaPrime』が新たに海外視聴に対応。また、「将棋チャンネル」でのオリジナル対局番組、「麻雀チャンネル」でのプロ麻雀リーグ「Mリーグ」の試合中継、「釣りチャンネル」の釣り番組の放送など、趣味を楽しめる様々なコンテンツを放送予定だ。

関連記事(外部サイト)