VOYAGE GROUP、ブランド広告向けアドプラットフォーム「PORTO」提供 テレビにも対応予定

VOYAGE GROUP、ブランド広告向けアドプラットフォーム「PORTO」提供 テレビにも対応予定

記事画像

 VOYAGE GROUPは、ブランド広告領域を強化するためブランド戦略室を新設。あわせて、ブランディングを重視する広告主向けのアドプラットフォーム「PORTO(ポルト)」の提供を開始した。

 「PORTO」の特徴は3つある。1つ目は「拡張可能な広告配信機能」で、ブランド広告向けのDSPとして様々なディスプレイフォーマットへ対応している。今後は、テレビやラジオ、OOHなど、オフラインメディアのフォーマットもカバーしていく。

 2つ目は「データの拡張・統合性」で、同社が保有するデータを活用できるほか、データアライアンスパートナーのデータも順次利用できるようになる。

 3つ目は「アトリビューション」で、オンラインメディアの計測カスタマイズが可能。さらに、オンラインとオフラインを横断したリーチ管理やフリークエンシー管理の一元化も予定されている。

関連記事(外部サイト)