ヤフー、アドフラウド対策で約5,900件の広告配信面を停止 ガイドライン改定でまとめサイトを排除 

ヤフー、アドフラウド対策で約5,900件の広告配信面を停止 ガイドライン改定でまとめサイトを排除 

2018年10月25日にガイドライン変更が公表されていた

 ヤフー(以下、Yahoo! JAPAN)は、アドフラウド撲滅に向けて、2018年10月25日に広告配信ガイドラインを改定し、2019年3月31日までの期間において、改定後のガイドラインに抵触する約5,900件の広告配信を停止した。
2018年10月25日にガイドライン変更が公表されていた

 Yahoo! JAPANは、不正に広告費をだまし取る手法「アドフラウド」への対策として、2018年9月21日からYahoo! JAPANとYahoo!ニュースなどですでに直接契約があり、安全性が確認できているサイトを除いた、約6,800件の広告配信面を停止した。その後、2018年10月25日にガイドラインの改定、再審査を経て新ガイドラインを満たした約900件の広告配信を再開した。結果、約5,900件の広告配信を停止した。

 改定後のガイドラインに抵触したサイトの一例としては、掲示板サイトの情報をまとめたサイト(まとめサイト)や、個人運営のゲームなどの攻略サイトが挙げられている。 

 また、Yahoo! JAPANは「日本インタラクティブ広告協会(JIAA)」や、米国「The IAB Technology Laboratory(IAB Tech Lab)」などの外部団体に加盟・連携し、ガイドライン策定、調査研究、普及啓発などの活動をすることで、ネット広告業界全体の不正対策の強化に取り組むとしている。

関連記事(外部サイト)