ビービットの「USERGRAM」と「Arm Treasure Data eCDP」がデータ連携を開始

 ビービットは、同社のモーメント分析クラウド「USERGRAM」と英Armのカスタマーデータプラットフォーム「Arm Treasure Data eCDP」のデータ連携を5月末から開始する。

 「Arm Treasure Data eCDP」は、オンライン広告配信やマーケティング、CRMといった領域において、顧客のデジタル上の行動ログデータや属性データなどを統合し、顧客ロイヤリティの向上を支援する。

 今回の連携により、「Arm Treasure Data eCDP」に蓄積されたWebサイト閲覧などのオンライン行動に加え、店舗購入やコールセンターへの入電といったオフラインチャネルでの行動、性別や年齢といった顧客属性を「USERGRAM」に取り込み可能に。一人ひとりのカスタマージャーニーをタイムライン形式で可視化できるようになる。

関連記事(外部サイト)