博報堂、中国の総合広告会社GIMCと戦略的パートナー協議書を締結

 博報堂は、中国市場における競争力を強化すべく、広東省広告集団股?(以下、GIMC)と戦略的パートナーシップ協議書を締結した。

 GIMCは、中国の広告業界を牽引するリーディングカンパニーで、2017年度の売上高においても中国ローカル総合広告会社として第1位の地位を維持している(中国商業産業研究院調べ)。

 博報堂とGIMCは、2004年に省広博報堂整合営銷(GIMC-Hakuhodo)の合弁会社設立を皮切りに、2006年に広東省広デルフィス博報堂(Guangdong GIMC Delphys Hakuhodo Advertising)、2018年に省広納思博報堂(GIMC-Berners-Hakuhodo Advertising)を設立するなど、共同で中国市場における包括的な統合マーケティングソリューションを提供してきた。

 博報堂は、今回の「戦略的パートナーシップ協議書」締結により、さらなる関係強化と、中国ビジネスの競争力強化を図る。また今後は、トラディショナル/デジタルメディア、ブランディング、スポーツマーケティング、ネットワーク活用といった各領域における、協働深化による合弁各社のクライアントへの提案力向上、および人材交流を中心としたリソース共有による経営効率化を図ることで、中国市場における更なる競争力強化を目指していく。

関連記事(外部サイト)