博報堂DYMPとスターティアラボ、「AR広告」を提供開始 アプリをかざすとスマホ上にコンテンツが表示

博報堂DYMPとスターティアラボ、「AR広告」を提供開始 アプリをかざすとスマホ上にコンテンツが表示

記事画像

 博報堂DYメディアパートナーズとスターティアラボは、既存メディアにARアプリをかざすことで+αの情報を表示する「AR広告」の提供を開始した。第一弾となる「アウトドアメディア×AR広告」を、博報堂DYアウトドアと協働で販売する。

 「AR広告」は、既存メディアの広告上に設定したARマーカーをARアプリで読み取ると、スマホ上に動画やデジタルコンテンツを表示し、より効果的な広告コミュニケーションを実現するというもの。キャンペーンサイトへの誘導や、店舗へのルート表示などに活用することも可能だ。

関連記事(外部サイト)