サントリー公式バーチャルYouTuber「燦鳥ノム」、企業系VTuberとして初の歌手デビュー

サントリー公式バーチャルYouTuber「燦鳥ノム」が企業系VTuberとして初の歌手デビュー

記事まとめ

  • サントリー公式バーチャルYouTuber「燦鳥ノム」(さんとりのむ)が歌手デビューする
  • 投稿してきた動画カテゴリーで反響の大きかった「歌ってみた」企画の集大成として企画
  • 企業系VTuber初の歌手デビューで、ユニバーサルミュージック傘下Virgin Musicと契約

サントリー公式バーチャルYouTuber「燦鳥ノム」、企業系VTuberとして初の歌手デビュー

サントリー公式バーチャルYouTuber「燦鳥ノム」、企業系VTuberとして初の歌手デビュー

記事画像

 サントリー公式バーチャルYouTuber「燦鳥ノム」(さんとりのむ)がオリジナル楽曲「Life is tasty!」にて歌手デビューする。デビュー曲の「Life is tasty!」は5月29日(水)0時より、iTunes、レコチョク、Apple MusicやLINE MUSICなど主要各配信サイトで配信開始される。また、これに先立ちミュージックビデオを5月28日(火)17時に、「燦鳥ノム」公式YouTubeチャンネルにて公開した。

 本企画は、「燦鳥ノム」とサントリー食品インターナショナルの飲料ブランド「クラフトボス」とのコラボレーション企画として実現したもの。楽曲の作詞・作曲・編曲は音楽家の「じん」氏が務めた。

 「燦鳥ノム」は、2018年8月のYouTube公式チャンネル開設以降、サントリーの商品レビュー以外にも、既存楽曲を「燦鳥ノム」が歌う「歌ってみた」動画の投稿や、様々な企画動画、さらにはカルチャーイベントへの出演など、企業のマスコットとしての域を超えた活動をしてきた。5月28日(火)時点でチャンネル登録者数は9万1000人、総再生回数は770万回を超えている。

 今回の歌手デビューは、過去に投稿してきた動画カテゴリーの中でも特に反響の大きかった「歌ってみた」企画の集大成として企画された。「燦鳥ノム」が歌手デビューすることは、企業系VTuberでは初となる。

 CDデビューにあたっては、ユニバーサルミュージック傘下のVirgin Musicと契約。楽曲のプロデュースは、Virgin Music内にクリエイティヴ・チームEDWORD RECORDSを立ち上げた「じん」氏が行った。

 「Life is tasty!」は今を生きる若者たちへの応援歌として制作された。一方、コラボレーションする「クラフトボス」シリーズは、“働く人の相棒”「BOSS」ブランドから2017年に発売されて以降、「WORK&PEACE」をコンセプトに、多様な働き方、価値観にフィットする新しい選択肢を軽やかに提案してきた。

 「じん」氏の楽曲を聴いて育った世代が、大人になり働き始めている今、「社会に出ると大変なことや辛いことも多いけれど、肩の力を抜いて自分らしくがんばっていこう」というメッセージを、バーチャルYouTuberという新たな生き方を体現している「燦鳥ノム」が歌うというのが企画コンセプトだという。

関連記事(外部サイト)