ニッポンプラットフォーム、店舗向け集客・宣伝支援アプリ「temite(テミテ)」と提携

ニッポンプラットフォーム、店舗向け集客・宣伝支援アプリ「temite(テミテ)」と提携

記事画像

 QRコード決済アグリゲーションサービスなど店舗活性化ソリューションを提供するNIPPON Platform(以下、ニッポンプラットフォーム)は、価値提供プラットフォームアプリ「temite(テミテ)」を提供するCreation City Labと資本業務提携を締結した。

 資本業務提携にあたり、ニッポンプラットフォームがCreation City Labに対し3000万円の出資を行い、Creation City Labがtemiteサービスをニッポンプラットフォームの加盟店に提供することになる。ニッポンプラットフォームの加盟店は、ニッポンプラットフォームが独自開発したニッポンタブレット上で「temite」を利用できるようになる。

 「temite」は集客や宣伝広告を効率良く低コストで実施したい企業に向けて開発されたアプリサービス。アプリユーザーは、アプリ内の商品やサービスを店舗に行き、サービスの提供を受けて(体験して)会計を済ませる。その後、SNSに体験内容をレポートとして投稿する。そのレポートがtemiteのルールや規定に沿っていれば、対価として報酬を獲得することができる。

 temiteは自らの強みを掲載企業の負荷が少ないこととしている。temiteのアプリユーザーは一般利用客と同じように来店・会計をするため、企業側は通常のオペレーションで対応するだけでよく、登録料・掲載料・管理料等がなく、基本的に実績ベースによる支払いとなるためコスト削減につながるという。

 ニッポンプラットフォームにとって提携の狙いは、店舗活性化ソリューションにおける集客・マーケティング機能を強化することにある。temiteにとっては、スマホやPCを持っていない店舗もニッポンタブレットがあればサービス提供が可能になり、また、掲載案件が全国規模に増えることで利用者により高い利便性と魅力を提供できることがメリットだ。

関連記事(外部サイト)