事業者向けネット通販の「モノタロウ」が「KARTE」を導入 来訪ユーザーに向けたパーソナライズを推進

事業者向けネット通販の「モノタロウ」が「KARTE」を導入 来訪ユーザーに向けたパーソナライズを推進

記事画像

 MonotaROは、事業者向け通販サイト「モノタロウ」において、プレイドのCX(顧客体験)プラットフォーム「KARTE」を導入した。

 自社のエンジニアがサービスを内製するテクノロジーカンパニーでもあるMonotaROは、Googleの提供するBigQuery等をデータ基盤として採用している。KARTEも同様にBigQueryをデータ基盤として活用しており、「KARTE Datahub」でBigQuery上のデータをシームレスに連携させることができる。

 MonotaROはこのデータ連携により、顧客の解像度を高めることによる顧客理解の強化や、来訪ユーザーへのパーソナライズを推進していく。

関連記事(外部サイト)