テラスカイ、Salesforceと連携したLINEマーケティングソリューションを提供へ

テラスカイ、Salesforceと連携したLINEマーケティングソリューションを提供へ

記事画像

 テラスカイは、SalesforceからLINEによるOne to Oneメッセージを配信するマーケティングソリューション「OMLINE-O(オムリン オー)」を2019年8月1日から提供する。

 「OMLINE-O」は、CRMソリューションのSalesforceとLINEの法人向けサービス「LINE公式アカウント」を連携し、メッセージ配信からユーザー管理まで、LINEを使ったマーケティングやカスタマーサービスをSalesforceで一元的に行えるようにするサービス。

 利用ケースとして想定されているのは、Salesforce上の購入履歴や属性によるセグメンテーションでのキャンペーン告知や来店クーポン配信による顧客単価向上だ。また、製品情報配信によるリテンション・ブランディングや、Salesforceに登録されている契約情報ベースで、サービスや契約に関する連絡に使うケースもありうるという。

 提供価格は税別で月額3万円から。月額料金によって配信可能な無料メッセージ通数が異なる。

関連記事(外部サイト)