電通デジタル、AdobeとMicrosoft Azureの連携ソリューションを提供へ

電通デジタル、AdobeとMicrosoft Azureの連携ソリューションを提供へ

ソリューションのフレームワーク

 電通デジタルは、アドビ システムズ(以下、アドビ)が提供するデジタルエクスペリエンスソリューション「Adobe Experience Cloud」と、日本マイクロソフト(以下、マイクロソフト)が提供する「Microsoft Azure」を連携させ、AIを活用した最適顧客セグメントの抽出と最適シナリオの予測・実行を自動化するソリューションを開発し、提供を開始した。

 具体的には、まずアドビの分析ソリューション「Adobe Analytics」に蓄積された顧客の行動情報を、マイクロソフトの「Microsoft Azure」に連携し、顧客の行動・属性情報を統合する。次に、AzureのAI機能が類似している行動・属性情報を持つ顧客を類型化し、最適な顧客セグメントに分割し、各セグメントが購入に至る代表的な行動を抽出したうえで、アドビのパーソナライズソリューション「Adobe Target Premium」のAdobe Senseiを活用した自動パーソナライズ機能に連携。そして、その時点で最も購入につながりやすい誘導シナリオを予測し、実行する。
ソリューションのフレームワーク

 同時に、AzureのAI機能とAdobe Senseiによる自動分析・シナリオ実行の状況を、人が解釈しやすい粒度で要約・可視化し、Power BI連携により日々モニタリングが可能なダッシュボードで一元管理可能になる。これにより、マーケティング担当者がAIによる判断および予測過程の把握ができ、実際に発生している顧客体験の理解が進むことで、改善策検討に活かすことができる。

関連記事(外部サイト)