LINEと飲食店集客サービスのBespo、AIを利用した音声自動応答サービスの実証実験に向け協議へ

LINEと飲食店集客サービスのBespo、AIを利用した音声自動応答サービスの実証実験に向け協議へ

実証実験のイメージ

 飲食店向け集客支援サービス「ビスポ!」を提供するBespo(ビスポ)とLINEは、「LINE BRAIN」が保有・開発するAI技術を利用した音声自動応答サービスに関する基本合意書を締結した。

 LINEは「LINE CONFERENCE 2019」において、LINEが開発・保有するAI技術を外部企業などへ展開していく新規事業「LINE BRAIN」を発表。同時に「LINE BRAIN」が保有する音声認識やチャットボット、音声合成の技術を組み合わせることによって、電話でのAI自動応答を実現するための開発プロジェクトも公表した。

 両社は今後、飲食店予約サービスにおけるAI技術を利用した音声自動サービスなどの実証実験に関して、協議を開始する。
実証実験のイメージ

 音声自動応答サービスの実現により、店舗やコールセンターの電話応対時間を半分以下に削減できることが期待されている。また、ユーザー側の予約内容の変更やキャンセルなども簡略化される。

関連記事(外部サイト)