インフォデックスの広告クリエイティブサービス、心理タイプ別のターゲティング配信が可能に

インフォデックスの広告クリエイティブサービス、心理タイプ別のターゲティング配信が可能に

記事画像

 インフォデックスは、同社が提供する心理学を活用したWeb広告クリエイティブサービス「beehave」において、遺伝学や行動心理学のスキームをベースにメディアとAIを通じてユーザーのパーソナリティの解析を行うID Cruiseが保有する数百万件のユーザーデータと連携を開始。これにより、同サービスにおいてDSPを活用したWeb広告の心理タイプ別ターゲティング配信が可能になった。

 具体的には、物事をロジカルに考える思考タイプや、「好き・嫌い」などフィーリングで物事を捉える感情タイプなど、4つの心理タイプ属性が付与されているターゲットに対し、それぞれのタイプが反応しやすいシナリオ・要素を用いたクリエイティブ配信を行うことができる。

 配信ターゲットのボリュームは今後も拡大予定。心理学に基づくクリエイティブとメディアの力で、企業のデジタルマーケティングにおけるWeb広告効果最大化へ貢献していく。

関連記事(外部サイト)