ヤフーと三越伊勢丹、ビッグデータとAIを活用した商品開発を実施 検索キーワード等からインサイトを把握

ヤフーと三越伊勢丹、ビッグデータとAIを活用した商品開発を実施 検索キーワード等からインサイトを把握

開発されたロングスカート

 ヤフーと三越伊勢丹は、三越伊勢丹のECブランド「arm in arm」において、ヤフーのビッグデータとAIを活用した商品開発を行った。

 両社は「Yahoo!検索」の検索キーワードや「Yahoo!知恵袋」への書き込みといったビッグデータを統計化した上で、AI技術を用いて解析。同ブランドのターゲットである子育て中の女性の服装に関するトレンドや悩みを抽出した。

 その結果、ロングスカートへの関心が高い一方、着こなしや自転車の利用、抱っこひもとの合わせ方、静電気といった悩みを抱えているというインサイトが明らかになった。

 三越伊勢丹は、得られたインサイトを基に座談会を通じて仮説の検証を進め、子育て中の小柄な女性向けのロングスカートを開発。自宅で洗える素材の採用したほか、抱っこひもと合わせやすいようポケットの高さを調整するなど、子育て中の女性の意見を盛り込んだ。また、ボタンの色や丈についても座談会での意見を基に決定した。
開発されたロングスカート

 なお今回の商品開発は、ヤフーが2019年10月より提供を開始する事業者向けデータソリューションサービス「DATA FOREST(データフォレスト)」の実証実験として実施された。商品は9月下旬より、同ブランドのECサイトにて発売予定だ。

関連記事(外部サイト)