ANA、LINE、ドコモなど5社、LINEで注文・決済した海産物をドローンで運搬する検証を実施へ

ANA、LINE、ドコモなど5社、LINEで注文・決済した海産物をドローンで運搬する検証を実施へ

検証で利用されるドローン

 ANAホールディングス、LINE Fukuoka、自律制御システム研究所、NTTドコモ、ウェザーニューズの5社は、2019年7月30日から8月2日まで、福岡市の協力の下、LINEで注文した海産物をドローンを用いて輸送する検証を実施する。
検証で利用されるドローン

 今回の検証では宅配サービスの実現に向け、LINEで注文・決済した玄界島産のアワビやサザエをドローンで運搬。ドローンは福岡市西区玄界島から福岡市西区「ざうお本店」または「能古島キャンプ村」までを飛行する。

 今回の検証においてLINE Fukuokaは、物流における注文・決済機能を提供する。
LINEを利用した商品選択・決済の流れ

 またANAホールディングスはドローンの運航管理を行うほか、自律制御システム研究所は機体の提供および運航サポート、NTTドコモはLTEネットワークの提供や上空の電波状況を考慮した運航計画の策定支援、ウェザーニューズは気象情報サポートなどをそれぞれ担当する。

関連記事(外部サイト)