Kaizen Platform、ヒートマップやクリック率などを視覚的に分析する新プロダクトをリリース

Kaizen Platform、ヒートマップやクリック率などを視覚的に分析する新プロダクトをリリース

記事画像

 Kaizen Platformは、Webサイトの課題発見や施策実行の効果を視覚的に分析可能にする新しいプロダクト「Site Dock」をリリースした。

 これまでKaizen Platformは、Kaizenタグ(JavaScriptのタグ)をWebサイトに設置するだけで、簡単にパーソナライズやABテストの施策実行、結果の管理が行えるパーソナライズ開発基盤「Kaizen Cloud Engine」を提供してきた。

 今回リリースする「Site Dock」により、ヒートマップやクリック率等を可視化することで、Webサイトにおける定性的な課題やユーザーの行動変化をより直観的に把握することが可能となる。

関連記事(外部サイト)