マイナビ、電通リテールマーケティング、ZOOOGの3社、オンオフ両方のデータに基づく記事制作等を提供

 マイナビ、電通リテールマーケティング、ZOOOGの3社は、オンライン/オフライン両方のデータに基づいた記事コンテンツの制作とコンテンツを活用した広告配信を行うアライアンスパッケージの提供を開始した。

 同パッケージでは、電通リテールマーケティングが保有する2,000万人規模のID-POSを活用。購買者の年齢層や性別などの属性データおよび併売データを用いることで、実際の顧客購買行動に基づいたターゲティング設計が可能になる。

 またZOOOGとマイナビが、SNSでのVOC(voice of customer)収集・分析を通じて消費者のニーズを割り出し、オンライン/オフライン両方のデータを基に、ターゲティングに基づいたメディア選定と記事コンテンツ制作、広告配信を行う。

 3社は同パッケージを通して顧客ニーズの明確化を図り、広告主のマーケティング課題解決に貢献していく。

関連記事(外部サイト)