ゆうこす、サイバーエージェントの期間限定クリエイティブディレクターに就任

ゆうこす、サイバーエージェントの期間限定クリエイティブディレクターに就任

記事画像

 サイバーエージェントは、インターネット広告事業において、クリエイター 兼 事業家の“ゆうこす”こと菅本裕子氏を期間限定クリエイティブディレクターに迎え、広告主企業のインフルエンサーマーケティングにおけるプランニングを“ゆうこす”が実施する取り組みを開始した。

菅本 裕子氏
1994年生まれ、福岡県出身。アイドルグループ脱退後ニート生活を送るも、自己プロデュースを開始し、「モテクリエイター」という新しい肩書きで株式会社KOSを起業。現在はタレント、モデル、SNSアドバイザー、インフルエンサー、YouTuberとして活躍中。InstagramやYouTubeチャンネルで紹介するコスメなどが完売するなどの影響力を持ち、SNSフォロワーは150万人以上。スキンケアブランド「youange」の立ち上げやアパレルブランド「#amic」のプロデュースなど数々の事業を手掛けている。著書に『共感SNS 丸く尖る発信で仕事を創る』(幻冬舎)等多数。

 サイバーエージェントは、自身がインフルエンサーでありながら、タレント・モデル・プロデュースなど活躍の場を広げる“ゆうこす”をクリエイティブディレクターに迎えることで、広告主企業向けに、インフルエンサーの持つフォロワーへの「共感力」を重視した広告プランニングを行い、企画・実行までを提供。広告主企業がインフルエンサーとフォロワーの関係を正しく理解し、共感により得られるインフルエンサーマーケティングの効果の実現を目指す。

関連記事(外部サイト)