問い合わせを約30%削減 ハワイアンホースト・ジャパン、公式オンラインストアに「SPARK」を導?

問い合わせを約30%削減 ハワイアンホースト・ジャパン、公式オンラインストアに「SPARK」を導?

記事画像

 マカダミアナッツチョコレートなど海外菓子の販売を展開する老舗メーカー、ハワイアンホースト・ジャパンは、公式オンラインストアにおいて、フリースパークが提供する統合ウェブ接客プラットフォーム「SPARK(スパーク)」を導入した。

 「SPARK」は、誰でも手軽にサイト内改善が行えるよう、「Web接客」「チャットボット」「ヒートマップ」「プッシュ通知」などの機能を備えたマーケティングプラットフォーム。ハワイアンホースト・ジャパンは同ツールを活用し、よくある質問をまとめたFAQチャットボットを表示。問い合わせを20〜30%程度削減することに成功した。

 またこれまで気づきにくい場所に表示されていたことからクレームにつながっていた、オプションや配送指定、出荷停止日に関する情報は、バナー表示機能を使った訴求に変更。これによりクレームは減少し、顧客満足度の向上にもつながった。

関連記事(外部サイト)