UCC上島珈琲、商品パッケージにQRコードを印字し「味覚マップ」を提供 店頭での珈琲選びに活用可能

UCC上島珈琲、商品パッケージにQRコードを印字し「味覚マップ」を提供 店頭での珈琲選びに活用可能

記事画像

 UCC上島珈琲は、製品パッケージのQRコードを読み取ることで好きなコーヒーを見つけることができる「味覚マップ」の提供を、9月2日から順次開始する。

 ユーザーは対象製品のパッケージに印字されたQRコードを読み取り、Webページに遷移することで、「味覚マップ」を閲覧できる。「味覚マップ」は、タテ軸(キレ/コク)、ヨコ軸(酸味/苦味)で構成され、各製品の味覚ポジションを表示。店頭での商品選びに活用することが可能だ。またWebページでは、「おいしいコーヒーの淹れ方」や「キャンペーン情報」といったコンテンツも閲覧できる。

 同社はまず3つのブランドについて「味覚マップ」を提供。対象ブランドは順次拡大していく予定だ。

関連記事(外部サイト)