CCIの「DataCurrent」、アドビのデータマーケットプレイスへのデータ提供を開始

CCIの「DataCurrent」、アドビのデータマーケットプレイスへのデータ提供を開始

データ活用のイメージ

 サイバー・コミュニケーションズ(以下、CCI) は、アドビ システムズが提供する「Adobe Analytics Cloud」のDMPである「Adobe Audience Manager」を介して、DMP利用者とデータプロバイダーの間でデータの流通・売買を可能にするデータマーケットプレイスにデータプロバイダーとして参画した。

 これにより「Adobe Audience Manager」のユーザーは、CCIが提供する「DataCurrent」のデータエクスチェンジサービスで保有するデモグラフィック属性や興味関心属性といったオーディエンスデータを、オンライン広告やオンサイトターゲティングでのコミュニケーション最適化に活用することが可能になる。
データ活用のイメージ

 なお「DataCurrent」は、DMPを基にしたデータコンサルティングサービスで、データパートナー企業から提供されるデータを解析し、セグメントの生成/提供を行っている。

関連記事(外部サイト)