“情報量過多”のWeb動画で高校生の心を掴む!近畿大学工学部のブランディング戦略

 「固定概念をぶっ壊す」というスローガンのもと、これまでも様々なPRを展開してきた近畿大学。今回、同大学工学部が独自のブランディング施策として、あるWeb動画を公開した。本記事では同大学工学部の片山氏、小笠原氏とクリエイティブ制作を行ったBBDO J WESTの眞鍋氏に、企画の背景や高校生に訴求するコンテンツ作りについてインタビュー。また「ご法度の表現」が決められているからこそ、受験生に伝わる強いメッセージが生まれるという同大学の広報PRに対する姿勢も明かされた。

■「近大マグロ」をロボット化したWeb動画を制作
公開されたショートムービー

キャンペーンについて

 近畿大学(以下、近大)工学部は2019年7月、「武器は、工学歴。」をコピーに、マグロ型ロボット「MAGROBO(マグロボ)」をキャラクターに据えたショートムービーを公開。工学部の6学科の知見を基に結成された「MAGROBO」が、若者が抱く不安の象徴「シビア」に立ち向かっていく物語だ。

 制作したムービーは180秒のWeb動画と地域限定テレビCMとして展開し、YouTubeでは37万回に迫る再生回数を記録している(2019年8月現在)。
(左)近畿大学 工学部 事務長 片山慎一氏
(右)近畿大学 工学部 事務部 庶務会計課 入試広報担当 主任 小笠原洋介氏

――初めに今回動画を制作された目的を教えてください。

片山:近大の工学部キャンパスが広島県にあるというロケーションを周知すること、そして高校生に工学という学問へ興味をもってもらうことです。最終的には、それが受験者の増加につながることを目指しています。

小笠原:学校名に地名が含まれている大学は、高校生や保護者が進路を選ぶ際にイメージしてもらいやすいのですが、近大は大阪にあるというイメージが強いのが工学部としては悩ましいところでした。

 そこでBBDO J WESTの眞鍋さんに相談しながら、広島というロケーションと工学部の魅力、両方の要素をショートムービーに落とし込んでいきました。

■テレビCMは「音」で勝負する

――今回の動画は地域限定のテレビCMに加えて、Web上でも展開されたそうですが、それぞれどのような狙いがあったのでしょうか。

小笠原:本学部では毎年、広島県を含めた中四国地区で限定のテレビCMを打っていましたが、実は県内からの入学者は全体の3割で、残りの7割は日本全国から集まっていただいています。全国の高校生にアピールする飛び道具としてWebを活用する必要があるというのは、数年前から議論していたことでした。

片山:テレビCMは主に保護者向けで、クリエイティブでは音が与えるインパクトを重視しています。大学のテレビCMに多いのが、きれいな音楽や映像を流して、最後に大学名や「オープンキャンパス実施中」というメッセージを読み上げるもの。しかしこれでは、ようやく耳が反応し、画面に目を向けてもらった頃には、もう次のテレビCMが流れていますよね。

 MAGROBOは、最初から映画のようなインパクトのある音で「ん?」「なんだこれは」と興味を引き付け、最後に「大学のCMだったのか」という驚きをもってもらうことを目指しました。高校生も、リビングでスマートフォンを見ていても、テレビの音は聞いているという場合も多いので、そこからWeb動画を観にきてもらうことも想定しています。

続きはMarkeZineで

関連記事(外部サイト)