ラトナとDNP、AIを活用した次世代型ショールーム店舗プロジェクトにおいて協業

ラトナとDNP、AIを活用した次世代型ショールーム店舗プロジェクトにおいて協業

次世代型小売店舗における技術活用のイメージ

 ラトナと大日本印刷(以下、DNP)は「AI活用 次世代型ショールーム店舗プロジェクト」における事業および技術提携を発表した。

 DNPは2019年8月から、スタートアップ企業や新興企業などとの共創や事業創出を目的としたオープンイノベーションサイト「DNP INNOVATION PORT」を開始。ラトナは同サイトの「AI活用 次世代型ショールーム店舗プロジェクト」において、ソフトウェア・ハードウェアの技術・インフラ基盤を担当している。

 「AI活用 次世代型ショールーム店舗プロジェクト」の主要なテーマには、次世代型小売店舗における顧客行動のセンシング技術やAI分析技術などの活用が挙げられる。
次世代型小売店舗における技術活用のイメージ

 ラトナはこれらの技術のコアを担当し、事業価値を創出していく。

関連記事(外部サイト)